WWWアクセスカウンタ

CounterはWWWのページが参照された回数をカウントし、それを表示するサービスです。

CGIの使い方
<IMG SRC="/cgi-bin/common/Count.cgi/?df=カウントファイル|オプション1|....|オプションn">

カウントファイル
カウンタを覚えておくためのファイル名です。
オプション
枠の太さや,桁数を変えることが出来ます. 全て標準の値があり,指定が無い場合は標準の値を使います.
ft=枠の太さ
frgb=枠の色
md=表示桁数
dd=字体
negate=反転表示
tr=透明化
incr=カウントアップ

基本表示
<IMG SRC=/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac>


枠の太さ
枠の太さを指定します。 値は1以上の整数です。
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|ft=1">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|ft=4">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|ft=5">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|ft=10">
ft=1
ft=4
ft=5
ft=10

枠の色
RGBそれぞれを、16進数2桁づつを並べて指定します。 たとえば"ff0000"とすると赤い枠になります。
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|frgb=ff0000">
frgb=ff0000

表示桁数
5から10の値を指定します。
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|MD=10">
md=10

反転表示
N:通常表示、Y:反転表示 です
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|negate=Y">
negate=Y

字体
字体はA,B,C,D,Eの5種類から選択します。
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|dd=A">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|dd=B">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|dd=C">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|dd=D">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|dd=E">

dd=A
dd=B
dd=C
dd=D
dd=E

透明化
文字でない部分を透過にします。
枠の太さが1以上でないと意味がありません。
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|tr=T|ft=5">
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|tr=T|ft=1">
tr=T|ft=5
tr=T|ft=1

カウントアップ
incr=N とすると、カウンタの表示はしますが、カウントアップしません。
ホットテキストの時点でカウンタを表示する時などに、応用してください。
<img src="/cgi-bin/common/Count.cgi?df=smpl.ac|incr=N">
incr=N
カウンタを表示しない場合は、sh=Fと設定します。

脚注
本アクセスカウンタの数えかたについて
実際は、そのカウンタの属するページの参照回数を数えている訳ではありません。ブラウザがIMGタグを解読して、そのダウンロードをした回数です。 例えば、同じページに、同じファイルに対するカウンタを何度も含む場合、その回数分だけカウンタが進んでしまう事になります。
逆に言えば、画像を読まない設定で使っている人は、カウントに入りません。